別誂え 夏の加賀友禅訪問着

posted in: 別注御誂え | 0

別誂え 加賀友禅 絽訪問着 『竹林の泉』

 

本日は夏至。
夏を心待ちにしている者としては、夏至を迎えることが嬉しい反面、
日が長いのも今日から折り返しなのか…と思ってしまいなんだかさみしい気持ち…
とはいえ、これからが夏本番、という感じではありますよね!

 

「夏」というわけで、
以前に、夏の加賀友禅訪問着をオリジナルで御誂えいただいたご紹介をしたいと思います。

 

真夏の結婚式に列席される方からのオーダーです。
夏の礼装というと、附下や訪問着の柄のボリュームが比較的軽めであったり、
柄そのものが小ぶりなものが多いですね。
暑い季節なこともあり、楚々とした軽めの柄行きの方が涼やかに見え、好まれているように思います。

 

しかしながら、高身長でお顔立ちも華やかなお誂え主様にとっては少々物足りなさも。
折角のお誂えですので、訪問着らしく重厚感のあるもの、かつ涼感も損なわない着物を目指しました。

 

竹か笹を主軸にした柄に、とのご要望から、
まず初めにご提案させていただいたのが「変わり竪絽」の生地です。
通常の竪絽や横絽に比べ絽目が印象的で、非常に清涼感があります。
大小入り混じった絽目を、まっすぐに天に伸びる竹に見立てることで、
柄には竹を描かずに、笹をメインに配しました。

生い茂る竹林の影の向こうには、泉が湧き出る様子を。
影の葉先へ向かって、地色は徐々に色を濃く変化させ、
泉はその先に誘い込まれるような紫鳶色に染め上げています。
笹の葉先から落ちた雫が、泉の波紋となっているようにも見えます。

 

加賀友禅 夏

絽加賀友禅

笹の葉を彩る文様がいくつか… ↑ ↑ ↑

・鮮やかでポップな色合いの柄は、蝶の羽根の柄です。
「蝶」をご自身の縁起もの・ラッキーモチーフとして好まれているお誂え主様をイメージし、
オリジナルの蝶の羽根文様をお作りしました。
着物全体の色数は抑え気味でグレイッシュなトーンの中で、軽やかな蝶文様に色をフォーカス。

 

・撒き糊散らし
僅かな面積に撒き糊散らしの技法を贅沢に取り入れました。
撒き糊によってついた陰影で柄に奥行きが生まれ、柔らかいタッチの中にアクセントとなっています。

 

・疋田
鹿子絞りを染めで表現した疋田文様

 

 

絽 加賀友禅

胸元にも蝶がひらり。
幸運が運ばれてきそうです。

 

 

別誂えはデザインからすべてゼロから製作しますので、見本というものはありません。
誂え主様の想いを形にするべく、たくさんのお話や相談を重ね
誂え主様だけのストーリーをご一緒に作り上げます。

世界で一つのオリジナルデザインの染もののことなら、是非凛屋へご相談ください。

お問合せはメールまたはお電話(金沢店へ)でお気軽にどうぞ!

 

info@kd-rinya.com
076-254-0440

 

*******************************

<きもの処 凛屋(りんや)>
金沢店(お問合せはこちら) 石川県金沢市茨木町56-3 鞍月舎1F
TEL 076-254-0440

七尾・一本杉本店  石川県七尾市一本杉町8番地
TEL 0767-52-3700

加賀友禅 花嫁のれん おしゃれ着物 しみ抜き 草履ぞうり修理
呉服のことなら きもの処 凛屋

 

凛屋HP       https://www.kd-rinya.com
和装小物オンラインショップ  https://rinya.official.ec

*******************************

 

 

 

関連記事

Comments are closed.