着物コーディネート 塩沢御召単衣に単衣帯で黒×黒

全国的にものすごい暑さの日がちらほら。
夏が大好きな者としては、眩しい日射しやギラギラとした暑さにはつい気分が上がってしまいますが、
夏が苦手な方には厳しい暑さですね。

金沢店の「夏物 大SALE」も明日まで!
帯〆・帯揚が50%OFF、半巾帯が40%OFFなど、お買い得すぎる価格となっております。
お仕立てのないものは残暑にすぐにお使いいただけます^^
水分を十分に摂ってぜひお越しくださいませ。

 

というものの、季節は巡り巡ってまた単衣の季節の到来も近づいてまいりました。
単衣のコーディネートのご紹介です。

塩沢絣に単衣帯、黒×黒で質感の違いを楽しむコーディネートです。
夏の終わりも近づく晩夏、何となく薄い色や淡い色よりも濃い色を選びたくなる頃です。

塩沢絣は、紬糸ではなく生糸のお召糸に強い撚りをかけて織られた織物で塩沢御召ともよばれます。
縮緬のような細かい「シボ」が生み出す独特のシャリ感と肌触りが特徴。
黒地に濃紺の細かい格子柄は、紳士のスーツのようなメンズライクな印象です。

 

合わせた帯は、単衣時期にも合わせられる便利もの。
糸の密度を低く保ちながらふわっと織り上げており、程よい透け感があるため、合わせ方次第で3シーズンに対応できます。

唐花文様のオリエンタルな帯が、カッチリとした着物に映えますね。

 

塩沢御召

塩沢御召

単衣帯

単衣帯

着物と帯が黒×黒でオールブラックな装いですが、
着物のシャリ感と、帯のレースのような柔らかさ、といった異なる質感を合わせることで
「黒」の引き出しの多さが感じられ、単調になりません。

 

灰桜色の帯揚に、白を基調とした涼しげな帯〆を。
単衣は、暑さと涼しさの混在する季節の移り変わり時期なので、小物も彩度の低いゆるやかな色で控えめにまとめてみました。
これが冬の季節の黒×黒コーデでしたら、鮮やかな色の小物で色を際立たせると素敵ではないでしょうか。

 

 

塩沢絣   117,700円(税・単衣仕立て代込)
名古屋帯    51,700円(税・仕立て代込)
帯〆      13,200円(税込)
帯揚     8,800円(税込)

 

すべて通販可能です。

 

お問合せはメールまたはお電話でどうぞ。
info@kd-rinya.com
076-254-0440

 

 

*******************************

<きもの処 凛屋(りんや)>
金沢店(お問合せはこちら) 石川県金沢市茨木町56-3 鞍月舎1F
TEL 076-254-0440

七尾・一本杉本店  石川県七尾市一本杉町8番地
TEL 0767-52-3700

加賀友禅 花嫁のれん おしゃれ着物 しみ抜き 草履ぞうり修理
呉服のことなら きもの処 凛屋

*******************************

 

 

関連記事

Comments are closed.